『愛の不時着』より

『愛の不時着』『サイコだけど大丈夫』などヒット連発…「韓国最大のドラマスタジオ」の戦略

“ドラマ界の恐竜”――。韓国で人々は、「スタジオドラゴン」をこう呼ぶ。スタジオドラゴンは、今年日本で韓国ドラマブーム再燃をけん引した『愛の不時着』はじめ、『キム秘書はいったいなぜ』『サイコだけど大丈夫』『青春の記録』など、次々と人気作をNetflixで配信したドラマ制作会社だ。

 

設立は2016年。わずか2年後には、イ・ビョンホン主演の『ミスター・サンシャイン』で韓国のドラマ視聴の主軸であるケーブルテレビとNetflixでの同時配信にいち早く乗り出し、「ドラマを観るスタイル」を変えた先駆者だ。

韓国ドラマの制作・視聴の形を変えた秘策とは。スタジオドラゴンの担当者に聞いた。

日本での「不時着人気」は予想を超えた

『愛の不時着』より

――日本での「愛の不時着」ブームは予想されましたか? 日本での人気の理由は何だと思いますか。

スタジオドラゴンの担当者(以下、SD):世界中の視聴者が、北朝鮮の男性と韓国の女性の愛というドラマのテーマと、人気俳優ソン・イェジンとヒョンビンに関心と愛情を寄せてくれました。個性あふれる登場人物たちのキャラクターも魅力的で、一つひとつのエピソードが際立つストーリーラインも一役買ったと思います。なかでも日本の人気は、予想を超えるものでした。日本の視聴者には主人公の切ないラブストーリーが響いたのではないでしょうか

――ドラマのストーリーを作る時、一番大事に思う要素は何でしょうか?

SD:序盤から最後まで視聴者を魅了し続けるしっかりとしたストーリーライン。とりわけ、新鮮かつ視聴者の共感を得ることができるテーマと構成、登場人物のキャラクターに重点を置いています。