*画像はイメージです/Photo by iStock 
# ゲーム

賞金1億円をゲットした日本人も!「稼げるゲーマー」「稼げないゲーマー」広がる格差

急拡大する「eスポーツ業界」の懐事情

「プロゲーマー」ってどんな人?

先日、2020年のユーキャン新語・流行語大賞が発表されました。「あつ森」「鬼滅の刃」などのランクインが話題になりましたが、そこから遡ること2年前、2018年の流行語大賞に、「eスポーツ」がノミネートされていたのを覚えていますか?

ご存じない方のためにご説明すると「eスポーツ」は、「エレクトロニックスポーツ」の略称で、対戦型のテレビゲームやスマホゲームを、ひとつのスポーツ競技として捉える際の名称として使われています。

eスポーツは、ゲーム市場全体の中での市場規模は小さなものですが、注目度は高まっており、規模も年々確実に大きくなっています。あるアンケートでは、「子供が憧れる職業」第2位にプロゲーマーが入るほどで、世間に浸透しています。

Photo by iStock
 

今回私がプロゲーミングチームのオーナーとして、運営を行う立場から、プロゲーマーという仕事の金銭事情に注目して話していきたいと思います。

そもそも、プロゲーマーの定義をどうお考えでしょうか。日本eスポーツ連合(通称、JeSU)が認定するプロゲーマーもおりますが、まだ数も少ないため、様々な意見があるかと思います。私は人に定義を聞かれた際の回答として、以下の2つを同時に満たしている人は、プロゲーマーと言えると考えています。

・特定のゲームをすることで得られる対価が、収入源の中である程度の割合を占める人
・国内外のゲーム大会やリーグで活躍している、もしくは過去にしていた人

プロゲーマーは、専業だけでなく、副業でやっている人もいるので、すべてに対応した定義づけは難しいのですが、少なくともこの2点に該当する人はプロゲーマーと自称出来るのではないでしょうか。