株価が「倍」になるかもしれない photo/iStock

カリスマ直伝、いま仕込んでめちゃ儲かる「株主優待&高配当」銘柄の全実名

なんと「税金」もかからない

「年間120万円」でめちゃ儲ける

こんにちは。株主優待好きの主婦、まる子です。

今年も残り1ヵ月余り。今年の投資成績はいかがでしたか? 3月の急落時に思い切って買えた方はプラスで終われそうですが、買いのチャンスを逃してしまったり、その後の高値掴みで「塩漬け」銘柄が増えてしまった方も多かったのではないでしょうか。

今年は減配や優待廃止、改悪も多かったので、年初の思惑から大きく外れ、「こんなはずでは……」と思っている方もいらっしゃると思います。

投資をしていればそんな年もありますし、これを教訓にまた来年リセットしてご自身の「お金」に向き合う良いきっかけになると前向きに捉えたいですね。

日本株市場も大きく揺れ動いた photo/gettyimages
 

そんなきっかけの一つに「NISA制度」があります。2014年に制度が始まりすでに6年となったNISAですが、もう一度ここでおさらいをしてみましょう。

NISA制度は2つ、従来型の「NISA」2018年から始まった「つみたてNISA」。どちらも非課税口座での運用ですので、運用益(配当や売却益)が非課税となります。

大きな違いは「NISA」は年間120万円まで、5年運用、投信・株で運用可。「つみたてNISA」は年間40万円まで、20年運用、投信のみで運用します。

今回は通常NISA、年間120万円でいかにお得に運用できるかのお話です。