現在、特別養子縁組に向けて待機している嶺かおるさんが、遠距離恋愛の末、12歳年上のパートナーと「事実婚」をしたのは34歳のこと。そして不妊治療をはじめ、一時休止を経て、治療開始から2年後の36歳で不妊治療を終了した。

お金と時間と労力とをかけてまで、なぜ自分たちは子どもを欲するのか…。自問自答を繰り返す嶺さんの思いの丈を綴るこの連載。第1回目は、生き方の多様性を求め、「事実婚」や「養子縁組」を選択するに至った過程を語っていただいた。

第2回目は、2年の歳月を費やした不妊治療の際に判明した、パートナーの「男性不妊」について振り返る。

不妊治療を開始したワケ

晴れて挙式し、沖縄生活がスタートした2016年4月。私は34歳、トビー氏(未届の夫。トビハゼに似ている)は46歳、なんならその数か月後に47歳を迎えた。自分たちの子どもができない場合の選択肢として養子縁組もあり得ると思っていた私は、持ち前の前のめりを発揮して、日本における養子縁組の制度についても調べていた。

多くの斡旋団体は養親(養子を希望する夫婦)の年齢制限を45歳以下としていて、その条件が緩いところでも、50歳以下としていた。つまり、トビー氏の46歳という年齢は赤信号寄りの黄信号ということだ。

というわけで、一般的に不妊を疑って病院に行くべきタイミングとされる「妊娠を目指して(排卵日前後に避妊せずに性交する)1年くらい経っても妊娠しない場合」より早い5か月後に私は近所の婦人科に足を運んだ。

PHOTO by iStock

不妊治療専門ではないこのクリニックで問診と内診を受けた後、医師に次の受診日の前夜に避妊せずに性交してくるように言われた。精子がどの程度膣内に残っているかのチェックのためだと説明されたように記憶している。