思わず二度見!? 太陽の塔みたいな柄の猫

様々な柄の猫がいる。中には、「それは神様のいたずらでは!」と驚いてしまうようなナイスな柄を持つ猫がいる。

以前ご紹介した、熱海の歌舞伎の隈取のような柄の「ミチルちゃん」も個性的な顔立ちだったが、アメブロいぬねこの写真アプリの『ドコノコ』で人気を集めている「太陽くん」(6歳♂)も何とも言えない個性的な柄が魅力だ。

なんともいえない柄を持つ「太陽くん」。写真/Rinoさん

太陽くんの名前もこの顔の柄が由来だという。

「野良猫がうちの敷地で出産をしてしまって、保護したのが太陽でした。保護する前は全体像があまりよく見えなくて、後ろ姿でグレーっぽい猫がいるな、と思っていたのですが、ひょこっと顔を出して、こちらを見たとき、え!?何か顔にある?と思わず二度見。いっしょにいた夫と『あ!太陽の塔や!』と(笑)。それからは、太陽の塔にしか見えなくなってしまい、結局『太陽』と命名しました」と話すのは、飼い主のRinoさん。

ちなみに、大阪の万博記念公園にある『太陽の塔』はこんな感じ。

photo/Getty Images

確かにインパクトがある鼻筋は「黄金の顔」の部分のようにも見えるし、鼻筋全体が太陽の塔みたいにも見える。