〔PHOTO〕iStock

メールにデータ添付もできない…ついに発覚した「50代サラリーマン」の悲惨すぎる現実

コロナ禍で浮き彫りに

コロナ禍で「独立」「転職」が大きく変化

私は中高年を中心に転職や独立を考えている人から相談を受けることが多いのですが、その内容が、今年の春を境に大きく変わってきています。

1年前の今頃は、50代半ばの会社員からの相談と言えば、現在の境遇への不満からの転職や独立の相談と、社外での活躍の場を目指すといった前向きの相談がメインでした。それが今や現職に留まる事に腐心するという安定志向に切り替わっているのです。

〔PHOTO〕iStock
 

こうした変化が起きた背景はもちろん、コロナ禍ですが、それが中高年層を取り巻く環境にどんな影響を与えたか、具体的に見ていくことにしましょう。

そもそも定年が視野に入ってきたシニア世代には概ね2つの選択肢があります。

(1)退職勧奨には応じず、定年までの雇用安定を選ぶ。
(2)早期退職勧奨に応募し、再就職、独立を目指すか転籍や出向に応じる。

これまでであれば、(1)を選んだ人は、早期退職したものの未だに再就職が叶わない、起業したものの成功には程遠いといった事例が周囲にあると「やはり短絡的に会社を辞めなくて正解だった」「あの優秀だった部長ですら無名の零細企業にやっと採用されたらしい。自分なんかとても再就職は叶わない」といった「動かなかった選択」が正しかったと安堵しがちでした。

一方、(2)のケースを選んだ人も、昨年中にうまく再就職できた、起業が想定以上に早く軌道に乗った場合などは「もし先送りしていたら再就職は無理だった、独立・開業も今年だったら家族が絶対に止めたはず、去年の自分の英断を自画自賛したい!」など、こちらは「動く」という選択が正しかったと考えています。