〔PHOTO〕Gettyimages

朝ドラ『エール』が「決定的に見逃している」戦争中の日本人の行動について

身近な人からの「同調圧力」という魔物

尋常じゃない同調圧力

すこし前、“鼻までマスクをかけていない”ことを咎められて、諍いになったというニュースがあった。正義の行使はなかなかむずかしいようである。

マスクは鼻までかけてないと効果がないらしいということは多くの人が知っているだろう。しかし実際に電車の中で見知らぬ人に指摘されて、素直に従えるかどうかというのはまた別の問題である。居丈高に、きみは間違っているから直せ、と高圧的に言われても、「おれが正しいのだ、間違っているのはおまえだ。直せ」というふうにしか聞こえなかったら、なかなか素直には従いにくい。

〔PHOTO〕iStock
 

NHK朝ドラ『エール』は、戦争に協力していた作曲家を主人公に据え、これまでと違う「ふつうの人にとっての戦争」を描いていた。戦前から戦中の「戦争を協力せざるをえなかった空気」がリアルに描かれ、それがこの「コロナの年」に放送されていることに奇妙な符合を感じている。

ちょっとそこの話をしてみる。

新型コロナの話ではない。あくまでコロナの年の社会気分から、朝ドラエールに描かれていた戦時中の気分を想像できるのではないか、という話である。つまり現状から過去を想像してみるということだ。

どうも昭和12年ころから20年までの日本が息苦しかったのは「戦争」よりも、戦争を口実にした「尋常じゃない同調圧力」のほうが大きな要因だったのではないか、とおもうのだ。

むかしもいまも、われわれが気をつけなければいけないのは、「大言壮語で飾った観念的思想に巻き込まれること」ではなく、「まわりの人たちと同一化していかなければいけないとおもいこむ内側の気分」なのではないだろうか(でも、マスクは鼻までかけましょう)。