夫に「つけて」と言えない現実

先日、女性誌『VERY』を読んでいた時のこと。気になるタイトルを発見した。「結婚後の避妊について考えてみた」―これはいい特集をしてくれるな~と読み始めた。きっとピルやミレーナの説明、ライフプランについてなどが書かれているのだろうと予想したが、違った。そこには無視できない読者の声があった。

「夫はゴムが嫌い」「コンドームをつけてくれません」「つけてって言えません」「ピルやミレーナを反対されました」そんな気になる声がいくつもあった

私がこのことをツイートしたところ、多くの反響があった。「夫婦であっても避妊に協力しないのは性暴力だ。DVだ」という声が多かった。そう、確かにそうだ。そういう認識がもっと広がらなければならないとは思う。

10月31日に、twiiterにアップしたコメント。多くの方が反応した。

でも「そんな男は別れるべき」「はっきり言うべき」このような反応も多いことに、私はうなってしまった。確かに、よくない。でも、この問題のゴールは「別れること」なのだろうか?そもそもこの相談者は別れたいと思っているのだろうか?別れることが幸せなのだろうか?(もちろん、そういうパターンもあると思うが)

何か違う気がする。私の感覚では、「自分の希望を言ってもいい」と思っていない人が意外に多いのではということと、「言うべき、言ったほうがいい」と頭でわかっていても、言えない人も多いのではないかと思う。私自身、性教育に携わる前は「自分の意思や意見を言えない人」「本当は嫌なのに断れない人」だったから、言えない人、言わない人の気持ちはよくわかる。だから、私は今その状況にある人に「避妊に協力しないのはDVだから別れなよ」なんて、とても言えないのだ。