# 文在寅 # 韓国

文在寅が頭を抱える…早くもバイデンから食らった「痛烈な一撃」の中身

米韓関係はどこへ向かうのか
真壁 昭夫 プロフィール

これまで設計から生産までを手掛け、パソコンに搭載されるCPUを中心に世界の半導体産業をリードしてきた米インテルは自社の製造ライン確立が遅れ、外部への生産委託を重視しているようだ。

事実上、米国などの企業がTSMCの生産ラインを奪い合っている状況といっても過言ではない。

米国が世界のリーダーとしての地位を守るために、自国企業の半導体設計能力の向上やTSMCなどとの協力強化は不可欠だ。

 

対中接近がより難しくなる文大統領

今後、米国にとって中国の半導体製造分野の中核的存在であるSMIC(中芯国際集成電路製造)への制裁の重要性は増すだろう。

その一方で、米国はリスク分散の観点などからTSMC以外のファウンドリを持つ国との関係を強化しなければならない。

その意味で、米国経済にとってTSMCに次いで世界第2位のファウンドリである韓国サムスン電子の重要性は高まっている。

バイデン氏が文大統領との電話会議でインド太平洋構想に言及した狙いの一つは、サムスン電子を自由資本主義陣営にとどめるためだ。

サムスン電子にとっても、米国との関係強化はさらなる製造能力の向上に欠かせない。

なぜなら、同社の半導体事業は日米の技術に依存してきたからだ。

米企業が半導体の設計に注力し始めた状況は、サムスン電子のファウンドリ事業の成長を目指すチャンスでもある。