ジャーナリストの島沢優子さんが最新の教育事情を取材してお伝えする「子育てアップデート~子どもを伸ばす親の条件」。今回のテーマは「公立小中学校のトイレ」の話。子育てや教育と実は大きくかかわる問題なのだ。和式トイレの長短も含めて取材、考察する。

島沢優子さん連載「子育てアップデート~子どもを伸ばす親の条件」今までの連載はこちら

子どもたちがかわいそう

「小中学校に和式トイレが多い話、ご興味ありませんか?」
そんな質問を10月、2人の編集者から同時にいただいた。

聞けば、文部科学省が9月30日、「公立学校施設のトイレ状況について」の調査結果を発表したという。今年9月1日時点の公立小中学校におけるトイレの便器は、洋便器が57.0%、和便器が43.0%。洋便器率は4年前の前回調査の結果である43.3%から13.7ポイント増加しているものの「洋式トイレはまだ50%台なんですよ!」と編集者の鼻息は荒い。「子どもたちがかわいそう」だと言うのだ。

うむむ。そういえば、大人の私でも身に覚えがある。
「トイレ、トイレ」と小走りで駆け込んだとき、洋式が埋まっていて和式しか空いていない!となったとき。あのときの絶望感を思い出す。
ちょ、ちょっと、なんで和式なのよ、チッ、と舌打ちしているではないか。

Photo by iStock

さらに、この方より先に連絡してこられた女性編集者は「和式にこだわるのは、学校側の根性論に基づいたものではないか。例えば、ブラック部活みたいなものが」と仮説を立てていた。ブラック部活なら島沢だろうということで、トイレの話なのに、部活がらみを想定されて私に話をよこしたという。
和式トイレ→根性論→ブラック部活の移行に驚かされるが、そう考えてしまうくらい「学校=子どもを圧迫する」というイメージは根深いのだろう。