久保建英が「本当に輝ける場所」はどこなのか…海外からの意外な「反応」

白鳥 純一 プロフィール

ELではここまで全試合出場

リーグ戦では出場機会が限られている久保だが、並行して行われている「UEFAヨーロッパリーグ」(以下E L)では、全3試合に出場。これまでに1ゴール3アシストを記録し、チームの3連勝に貢献している。

10月22日(日本時間10月23日)に行われたスィヴァスポル(トルコ)とのELグループリーグ初戦。ビジャレアル加入後初となる先発出場を果たした久保は、13分に移籍初ゴールを挙げると、その後も20分のカルロス・バッカ、57分のフアン・フォイスのゴールをアシストするなど、1ゴール2アシストの活躍。チームも5-3で勝利を収めた。

photo by gettyimages
 

11月5日(日本時間11月6日)に行われた第3節のマッカビ・テルアビブ(イスラエル)戦でも、クロスを上げてカルロス・バッカのゴールをアシストし、4-0での勝利に貢献。ELでの活躍によって、徐々にリーグ戦での出場時間を増やしている久保だが、故障で3週間ほど離脱していたスペイン代表のFW、ジェラール・モレノの復帰が間近に迫っており、更なるアピールも求められる状況だ。

11月17日(日本時間18日5時)には、サッカー日本代表の年内最終戦となるメキシコ戦が行われる。

メキシコ代表には、F Wのラウール・ヒメネス(ウォルバーハンプトン)やイルビン・ロサーノ(ナポリ)、さらにはGKのギジェルモ・オチョア(クラブアメリカ)など、各ポジションに豊富なタレントが揃う。苦しい試合展開になることも予想されるが、久保に期待されるのは、史上2番目の最年少記録となる代表初ゴールだ。※最年少記録は1977年の金田喜稔による19歳119日

オーストリア遠征への合流時に「(ゴールは)期待してもらって大丈夫。ピッチで自分の100%を出すことが、チームの助けにもなる。サッカーはエンターテインメントでもあるので、見ていて面白いプレーが出来ればいい」と抱負を語った久保。

世界ランク11位の「格上」(日本代表は28位)に対し、「日本の至宝」が存在感を示すことができるかどうかにも注目したい。