すべての人に届くことの重要性

「 女性が意図しない妊娠をしたとき、産む選択も産まない選択もどちらも重大な選択であり、女性の心や体、人生に大きな影響を与えます。そして、意図しない妊娠は虐待死、特に生まれたその日に亡くなる日齢0日死と関係があるといわれています。
だからこそ、ハードルを下げて下げて下げまくって、全ての女性が手に入れられるシステムを日本にも導入されなくてはと思っています

また、緊急避妊薬のアクセス改善よりも『性教育が先だ』『低用量ピルを使えば緊急避妊薬は必要ない』という意見。でも、たとえどんなに性教育や避妊法が充実しても万が一の事態は誰にでも起こり得るし、“確実なバックアップがある”ということが社会のシステムとして不可欠です。性教育の普及、日頃の避妊法と緊急避妊法、どちらの方が大切ではなくどちらも大切なんです。

緊急避妊薬をめぐる議論において「悪用や乱用の懸念」という視点ばかりが強すぎると、本来の「女性の健康を守る」という視点が大切にされず、議論の方向がおかしくなってしまいます。セーフティネットは幾重にもあったほうがこぼれる人は少なくなります。

また、緊急避妊薬を薬局で購入できることに賛成はするけど、条件がある!と、面前内服など、色々と条件をつけようとする専門家もいます。でもそもそも、緊急避妊薬は、その専門家のための薬ではなく『意図しない妊娠の不安を抱える全ての女性のための薬』です。

WHO(世界保健機関)は、『意図しない妊娠のリスクを抱える全ての女性に緊急避妊薬にアクセスする権利がある』と勧告し、入手にあたっては、女性にとって不必要な手順を避けることや、多めに渡すこと(事前供給)を推奨しているのです。

日本でも、自分の体のことを自分で決められる『性と生殖に関する健康と権利(Sexual Reproductive Health & Rights; SRHR)』を尊重する社会に変化する時がきています」(遠見さん)。

「安易」と決めつけ切り捨てるのではなく、すべての人を救うという寄り添う発想が不足している。photo/iStock

女性だけで妊娠することはない。少なくとも「女性が安易な妊娠をする」という表記は正しいとはいえない。避妊に協力してもらえなかった、性行為を強要された、避妊に失敗した、そのような事例は「安易な妊娠」なのだろうか。だからこそ、海外では若い人にはほぼ無償で緊急避妊薬を入手できる環境が整っているのだ。もちろん、性教育が同時に重要なことは間違いがない。

ただ、事実としていま、意図しない妊娠に苦しむ母も、それにより命を落とさざるを得なかった子どももいる。

繰り返しになるが、厚生労働省が以下のように発表している。
「心中以外の虐待死で実母が妊娠期・周産期に抱えていた問題は、『遺棄』 が 35.2%と最も多く、次いで『予期しない妊娠/計画していない妊娠』24.1%、『妊婦健診未受診』22.2%であり、引き続き妊娠期に支援を受けないまま出産し、遺棄に至っている事例が多いことが伺える」

それでも「安易な妊娠が増えるから、緊急避妊薬は簡単に買わせない」と、言えるのだろうか。