元キャスターでジャーナリストとして活躍する秋尾沙戸子さんが長く暮らした東京から京都に移り住んだのは2012年末のこと。海外にも長く滞在した秋尾さんが、京都に身を置くことで真の日本の良さを知らなかった事実に直面したといいます。
そして、その秋尾さんを「京都の師匠」と仰ぐ漫画家の東村アキコさんとふたりの連載「アキオとアキコの京都女磨き」がスタート。秋尾さんの文章と東村アキコさんのイラストでお届けします!

(c)東村アキコ

その記念すべき第1回は、11月に京都のあちこちで行われる火焚祭、火の神さまをたたえるお祭りから学んだことについて。「ヒノカミ様」という言葉に別の反応した方は、今をときめくあのアニメを見ているはず!

「ヒノカミ様に舞を捧げてお祈り」に前のめり

「炭治郎、ほら、お父さんのカグラよ。うちは火の仕事をするから 怪我や災いが起きないよう、年の初めはヒノカミ様に舞を捧げてお祈りするのよ」

このセリフにピンとくる人は、『鬼滅の刃』を読んでいるか、アニメを見ているはずだ。
いまや社会現象となったこの物語を、私はアニメで初めて知った。そして「ヒノカミ様に舞を捧げて」という言葉が耳に届いたとき、思わず身を乗り出したのだった。そういえば、主人公の名前は竈門(かまど)炭次郎――。竈、炭、火の神とくれば、火焚祭を連想せずにいられない。あの橙色の炎が私の脳内スクリーンに浮かんだのだった。

11月に入ると、京都のそこかしこで煙が上がり始める。江戸時代に全国に広まったこの風習が、京都ではいまでも続いている。7日は貴船神社、8日に伏見稲荷大社、10日の白雲神社、18日は上御霊神社、23日の車折神社に加え、22日の広隆寺や28日の清荒神など山伏が執り行うお寺もある。ほかに風呂屋、飲食店、呉服屋など、火を扱う商家でも各々火焚祭を行っている。京都では火焚祭を「御火焚」と呼び、オヒタキ、オホタケ、オシタキなどと発音も色々だ。 

伏見稲荷大社の火焚祭 撮影/秋尾沙戸子