マンガ/愛内あいる 文/FRaU編集部

外見コンプレックスの次に囚われたもの

『自分の顔が嫌すぎて、整形に行った話』の著者・愛内あいるさんがその後のリアルすぎる人生を描く実録エッセイコミック『結婚したいモンスターになった私の話』(現在「Palcy」(講談社)で掲載中)。

長い間コンプレックスだった一重瞼を二重に整形したことで、やっと自分の人生が輝き始めた!と思ったのも束の間、今度はキャリアや夢、目標など、周りと比べた時の「人生における自分の切り札のなさ」に心が囚われ、焦燥感に苛まれるように……。

仕事も財力も容姿も、どのステータスも全て「普通」。そう自分を分析し、自信を持てずにいた彼女がハマってしまった「罠」とは……? 果たして、彼女は闇から抜け出し、真に納得できる人生を歩むことはできるのだろうか。

第2話「負け癖の女」試し読みはこちら!

担当編集から一言!

「『今の時代、結婚しなくたっていいじゃない』
もちろんそれは真実ですが、一方どこかで、年を経るにつれどうしても『結婚』を意識してしまう人も多いのでは?

(C)愛内あいる/講談社『結婚したいモンスターになった私の話』より

本作は、そんな『結婚』というモンスターにとりこまれてしまった1人の女性が、その呪縛から抜け出し、自分を取り戻すまでの日々を赤裸々に描いた実録エッセイです。

彼氏には結婚する気がないみたい、周りの人が幸せに見えて仕方がない、自分は何も持っていない気がする……そんなふとしたときに落ちてしまいそうな『沼』に心当たりのある人に、ぜひ読んでいただきたい作品です。

ごく普通の女性が、彼の『結婚する気はない』という言葉から、徐々に闇墜ちしていく姿は、とてもリアルで、他人事ではないと思わされます。だからこそ、もがき、自分と向き合ってそこから抜け出そうという主人公を応援せずにはいられないし、自分と重ね合わせる人も多いのだと思います。

最終的に、彼女がたどり着いた答えとは……? ぜひコミックスでご覧いただければと思います」

今回は前回の続きにあたる、『結婚したいモンスターになった私の話』第2話の試し読みをお届け! ぜひ一度読んでみてください。

\第2話「負け癖の女」を試し読み!/

第1話「私という名の人生のゲーム」から読みたい方はこちら!

▼一冊丸ごと読みたい方はこちら!