「デザート」にて好評連載中の、中村世子さんの新作『レビュダン!』の第1巻が2020年11月13日(金)より発売! 今回はそれを記念し、中村さんと企画協力を務める元タカラジェンヌの天真みちるさん、担当編集・北原を交えたスペシャル対談が実現!

前回の記事では、3人の出会いから、男子高校生×ミュージカルという新機軸の作品がどのようにして生まれたのか、作っていく過程でのもがきなど語っていただきましたが、今回は、企画協力を務める天真みちるさんはどのように関わっているのか、本作の見どころなどにスポットを当て、語りつくしていただきました!

また、記事の最後には試し読みも掲載! 対談を読んだ後に漫画を読むと、より感動もひとしお! たくさんの青春が詰まった本作品をぜひ、お楽しみください!

中村世子
『レビュダン!』作者

天真みちる
『レビュダン!』企画協力

デザート編集・北原
『レビュダン!』担当
>担当編集の詳しいプロフィールはDAYS NEOに掲載!

少女漫画誌であえて恋愛を描かないという戦法

──本作は男子高校生の部活、努力、夢といった部分がフィーチャーされています。ここにはこだわりがあるのでしょうか?

中村:最初に『レビュダン!』の指針を決めるときに、北原さんがいろいろ書いてくれたものがありまして、それをずっと机の前に貼っています。

北原:恥ずかしい。

中村:現在、デザートで連載されているほぼ全ての作品が恋愛系なんですが、他所からきた私が恋愛の土俵で戦っても勝てないと思い、あえて恋愛は描かないという戦法をとりました。また、本作に恋愛要素を入れるとテーマが散漫になる可能性もあるので、それよりは男子高校生の青春に絞ったほうがいいのかな、と。少女漫画誌とはいえ、恋愛を描かなきゃいけないという縛りはないですし、これでデザートの新たな読者を開拓できたらとも思っています。恋愛要素がないことに対して今のところ読者からの指摘は届いていないので、読者も素直に受け止めてくれているのかなと思います。

天真:私から見ると、まなは宝塚(演劇)の世界に恋しているように見えますね。現実世界でも、宝塚に憧れる男の子がいたらこんな表情するんじゃないかな〜と。まなの表情を見ていると夢に向かって頑張る姿を見守ってあげたくなりますし、一生応援していきたいと思います。

まなが演じる楽しさを知り、キラキラと顔を輝かせるシーン