「デザート」にて好評連載中の、中村世子さんの新作『レビュダン!』の第1巻が2020年11月13日(金)より発売! 今回はそれを記念し、中村さんと企画協力を務める元タカラジェンヌの天真みちるさん、担当編集・北原を交えたスペシャル対談が実現! 3人の出会いから、男子高校生×ミュージカルという新機軸の作品がどのようにして生まれているのか、存分に語っていただきました。

また、記事の最後には試し読みも掲載! 本作が出来上がるまでにどのような苦労があったのか、対談を読んだ後に漫画を読むと、ただ面白いだけじゃなくその裏側に隠された制作者側のストーリーが頭に浮かび、感動もひとしお! ぜひ、たくさんのもがきと青春が詰まった物語をご覧ください!

中村世子
『レビュダン!』作者

天真みちる
『レビュダン!』企画協力

デザート編集・北原
『レビュダン!』担当
>担当編集の詳しいプロフィールはDAYS NEOに掲載!

中村さんが描く
“傷を負った男の人”に惚れた

──最初に、中村さんと担当編集である北原さんの出会いをお聞かせいただけますか?

中村:「DAYS NEO」への投稿を通じて知り合ったのがきっかけですね。漫画家として10年以上活動していますが、新天地を求めて「DAYS NEO」に投稿したんです。そこで、ありがたいことに何人かの編集者さんからお誘いを受けまして。どなたと一緒にお仕事するのがいいか迷ったのですが、信頼できる編集者さんから「中村さんが一番嬉しい褒め方をしてくれた編集さんがいいと思う」とアドバイスをもらったので、お誘いいただいた中で、一番熱い感想だった北原さんと一緒にお仕事したいなと思いました。

北原:「DAYS NEO」には中村世子さんの名前ではなく、違う名前で投稿されていたのですが、初めて原稿を見たときに「この人はプロだな」と感じましたし、その時にはもう中村さんが描く“傷を負った男の人”がとてもカッコよくて、惚れてしまいました。中村さんは好きなものがはっきりしているので、この方と漫画を作ったら楽しいなと思い、お声がけしました。

中村先生の投稿作『トラコトラ』。
中村さんの投稿作『トラコトラ』より、主人公の家に迷い込み行き倒れていた男・虎。体の傷だけでなく、どこか心にも傷を負ったような面差しにグッとくる。