2020.11.16
# 不動産

今買うなら、「マンション」より「一戸建て」の方が大正解だった!

価格差が大きくなりはじめている
山下 和之 プロフィール

コロナ禍で一戸建てに変更する人も増加

なぜ一戸建てが注目されるようになっているのか?

直近では新型コロナウイルス感染症の拡大が、消費者の住宅への考え方に大きな変化をもたらしている点が影響しているとみられる。

リクルート住まいカンパニーが新型コロナウイルス感染症の影響が広がった20年5月に行った、『新型コロナ禍を受けた住宅購入・検討者調査(首都圏)』によると、コロナ禍のテレワーク増加によって、住宅の検討種別が変わったとする人がいて、そのうち50%が「当初はマンションを検討していたが一戸建て検討に変わった」としており、「当初は一戸建てを検討していたがマンション検討に変わった」の31%を大きく上回っている。

さらに、マンション購入希望者向けの「ネットサーフィン」を運営するスタイルアクトが20年10月に行った調査でも、図表3にあるように、「戸建ての購入意欲」が「増した」「やや増した」とする割合は合計45.0%に達している。

マンションの購入意欲が増した割合の合計は26.3%だから、コロナ禍で一戸建てへの関心が急速に高まっていることは間違いない。

 
図表3 コロナ禍によるマンション、一戸建て購入意欲の変化
(資料:スタイルアクト『第51回マンション購入に対する意識調査』)
SPONSORED