〔PHOTO〕iStock

今買うなら、「マンション」より「一戸建て」の方が大正解だった!

価格差が大きくなりはじめている

マンション価格が高くなりすぎていることに加え、コロナ禍もあって、一戸建ての人気が高まっている。

その背景にはさまざまな要因が絡み合っており、購入検討先をマンションから一戸建てに切り替える人もいるほどで、この流れが当面は続くことになりそうだ。

いま、なぜ、一戸建てなのか――。

 

首都圏マンション発売戸数は2万戸割れ

新築マンション発売戸数減少の流れがやまない。いや、コロナ禍でむしろ加速しつつある。

図表1は、不動産経済研究所調べによる全国の新築マンション発売戸数の推移を示している。全国的には13年の約10.5万戸をピークに、19年には約7.1万戸まで減少している。

首都圏をみると、13年の約5.6万戸をピークに19年は約3.1万戸まで減っている。しかも、20年は9月までの累計で9065戸にとどまっており、例年12月には新規発売が大幅に増えるといっても、年間2万戸割れは避けられない情勢だ。

近畿圏は首都圏ほどの激減ではないものの、やはり13年の約2.5万戸から19年は約1.8万戸まで減っている。

図表1 新築マンション発売戸数の推移(単位:戸)
(資料:不動産経済研究所『全国マンション市場動向』)