インドの川で砂を採掘する労働者[Photo by gettyimages]

邪魔者を生きたまま焼き殺した…インドの「砂マフィア」がヤバすぎる!

被害者は、少なくとも1年間で28人
人間にとって、もはや砂は欠かせない資源になってきた。コンクリート、ガラス、半導体…どれも砂がなければ製造できない。資源としての希少価値が高まり世界各地で争奪戦が起こっている現在、邪魔なジャーナリストや環境活動家を殺してでも砂を手に入れる「砂マフィア」まで登場した。新刊『砂戦争』から、インドの恐ろしい砂マフィアの実態を紹介する。
 

1年間に28人が殺された…

砂マフィアはインドの犯罪組織の中でもとくに強大であり、大都市で建設工事や資材ビジネスを支配し、インド各地の川や海で傍若無人に砂を採取しヤミ取引をしている。組織には政治家や地元の有力者だけでなく、公務員、警察官、労働組合幹部なども取り込まれている。

彼らは反対するジャーナリストやNGOの活動家、ときには取り締まる役人や警察官らに対して暴力を振るい、殺害もいとわない。インドの環境NGO「ダム・川・人の南アジアネットワーク」(SANDRP)によると、2018年の1年間だけで、インドの16州で少なくとも28人のNGO活動家や警察官らがマフィアによって殺害された。この何倍かが重傷を負ったり行方不明になったりしているという。

インドで砂マフィアが横行している現実は、ムンバイの環境保護活動家のスミラ・アブドゥライが襲われた事件で世界に知られることになった。彼女は、公害反対や砂の違法採掘反対運動の先頭に立って戦ってきた。NGOの「アワーズ財団」の創設者で、数々の賞を受賞した世界の環境保護活動のリーダーのひとりである。

アブドゥライは砂マフィアを告発する目的で、他の活動家らとともに2010年にマハーラーシュトラ州ライガド地区で違法な砂採掘の現場を写真やビデオに収めた。