# タワマン # マンガ

【漫画】ママ友同士のギスギスが影響して…敏感な子どもたちが起こした「あるトラブル」

イジメっ子と同じマンションで再会…

〈外資系金融サラリーマンの妻で、自然派の衣食を好むおっとり系ママ(32歳)〉

〈夫は元モデル。面倒見の良い姉御肌のママ(42歳)〉

〈義父が区議会議員で、思ったことをすぐに口にしてしまうミーハーママ(25歳)

〈ファッション業界で超有名人、タワマン最上階に住む最恐セレブママ(36歳)〉

そんな個性豊かな「ママ友」たちとの、ドロドロ愛憎劇を描いたマンガ『おちたらおわり』をご存知だろうか。

『おちたわおわり』第3話より

本作の主人公は36歳在宅イラストレーターの明日海(あすみ)。人材系の会社に務める夫・航平と、3歳の娘・杏とともに念願の新築タワーマンションに引っ越すことになった。

“勝ち組の象徴”ともいえるタワマンで、華やかで幸せな毎日を送れると思っていたのだが、冒頭の強烈すぎるママ友4人に囲まれ、明日海は戦々恐々とする日々を送っていた。

そんななか明日海は、最上階に住む真宮孔美子が学生時代の同級生で、自分をイジメていた「悪魔」その人だったことに気づく。

第3話では、同級生だったことを打ち明けるものの、当時のイジメを全く覚えていない悪魔・真宮孔美子に、激しく心を揺れ動かされる明日海の様子が描かれている。そんな母の些細な変化を感じ取ったのが、娘の杏だ。

母の気持ちを感じ取ってか、杏は孔美子の娘・ひびきと「あるトラブル」を起こしてしまう。親同士のイザコザが、子ども同士の関係にも悪影響を与え、物語は予期せぬ方向へと進んでいく…。

『おちたらおわり』は最新4巻が発売されたばかり。想像を絶するママ友同士のバトルを覗いてみる勇気はあるだろうか?

最新4巻の購入はコチラ
マンガ『おちたらおわり』公開中のエピソード

第1話「ようこそキャナルタワーへ」

第2話「悪魔との再会」
 

著者紹介

すえのぶけいこ

漫画家。福岡県北九州市出身。2006年「別冊フレンド」に連載された『ライフ』で第30回講談社漫画賞少女部門受賞。「月刊アフタヌーン」での『ライフ2 ギバーテイカー』連載を経て、2019年より「BE・LOVE」にて『おちたらおわり』を連載中。Twitter→@keiko_suenobu