会社外で給料以上に稼ぐ、「好きなことを仕事にする」超実践例に学ぶ

人生の最終目的は“ゴキゲン”でいること
小泉 なつみ プロフィール

お金が消滅したら人間はどうなる?

「早稲田大学の斉藤賢爾教授が『2049年「お金」消滅』という本の中で、最終的に世の中にはお金がなくなる、という極論をあえて言われていたんです。

今でもメルカリの中では『メルペイ』っていうスマホ決済のポイントを使って売買が行われていますけど、斉藤先生と対談したとき、こういったネットをはじめとする流通技術で物々交換のシステムがお金を介さずに済むならその方がずっといい、という立場でずっとお話しをされていたのがすごく印象に残っていて。だから斉藤先生に『お金が本当になくなったら人間はどうなりますか?』とお聞きしたら、『全員が研究者のような世界になる』と言われたんです。

それはつまり、みんながそれぞれに、本当に好きなことに没頭することが社会の役に立つ、仕事になるということだったんです」

 

コロナ危機によって働き方は大きく変化した。

特にオンライン・コミュニケーションはその筆頭だろう。筆者も半年前まで口にしたこともなかったくせに、今では「じゃあZoomで」なんて会話を平気でするようになった。

そして吉田さんはさらにその先を行く。時代は「VR(バーチャルリアリティ)」だと言う。

「Zoomみたいなオンラインサービスはあっという間にバーチャルに取って代わると思います。その世界ではみんな好きなキャラになれるので、ルックスからくるコンプレックスや問題もありません。おじさんたちはみんな自分が大好きな美少女アバターで話をしているので、セクハラもなにも、という世界です。

制度から解き放たれた、超絶に自由な世界がバーチャルにある。僕はもう仲間とバーチャルオフィスを作ったので、近日中にVRのマーケティング会社を立ち上げられたらな、と話をしています」

場所にもお金にも縛られず、好きなことを仕事にする時代。ゴキゲンな吉田さんが、そんな未来の働き方の指針になるような気がしてやまない。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/