会社外で給料以上に稼ぐ、「好きなことを仕事にする」超実践例に学ぶ

人生の最終目的は“ゴキゲン”でいること
小泉 なつみ プロフィール

「課外活動でいただいたギャランティのほとんどはニッポン放送に渡しています。僕は稼ぐために課外活動をしているのではなく、外で仕事する方が面白いからしているだけなんです。あっ、方が、って言っちゃいけないですね(笑)。

ノルマもありませんけど、外でのお仕事の売上が、少なくとも僕が会社からいただいている給料以上にはなっているので、会社としても『ならいっか』という感じで自由を確保できているんだと思います」

 

そもそも通常の局アナが所属する「アナウンサールーム」は、売上をたてる部署ではない。そのため、会社としてはガンガン稼いでくる吉田さんをアナウンサールームに置いておくわけにはいかず、会計的な理由から吉田さんのための部署「吉田ルーム」がネクストビジネス部に立ち上がった。

それにしても、課外活動の売上が本業を上回るほどであれば、普通はフリーアナウンサーへの転身を考えるような気がするが……。

「うーん。でもフリーはフリーでしがらみがあって大変だと思うんですよね。だったらニッポン放送という会社の中でおいしいポジションを取れましたので、サラリーマンの方が働きやすいかなと。そこで生涯年収が数千万円違ったとしても、それは僕にとってフリーになる理由にはならないんです。

僕は2018年に『没頭力』という本を出しているんですけど、それくらい、本当に楽しく生きるとはなにか、ということに興味があるんです。どう考えても人生の最終目的ってお金持ちになることじゃなくて、“ゴキゲン”でいることだと思うんです。だってお金があっても“フキゲン”じゃ全然、生きてて楽しくないですから」

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/