のんびりマイペースなタンタン 撮影/筆者

え、中国に帰っちゃうの?「神戸のお嬢様」こと、パンダのタンタンです

水曜日のお嬢様(1)

ちょっと短めのおみ足にまるいボディ。唯一無二のフォルムを持つ、神戸王子動物園のメスのジャイアントパンダ「タンタン(旦旦)」。そのかわいい姿と優雅な所作から、親しみを込めて、“神戸のお嬢様”とも呼ばれています。

愛くるしいタンタンですが、実は現在25歳。人間で言うと70歳代という高齢パンダ。そして今年、中国への返還が決まっています。神戸で最後の時間を過ごす、お嬢様の様子を、動物園の休園日である水曜日にお届けします。

のんびりマイペースなタンタン
 

まん丸ボディに磨きをかける、食欲の秋!

秋晴れの中、午前10時頃のジャイアントパンダ観覧は約20分待ち。タンタンは屋外運動場にいました。最近は天気が良いと、15時くらいまで、外でのんびり過ごしています。ちびっこたちの「パンダおった〜!」の声にも動じないタンタン。さすがの貫禄です。

お外をウロウロ、意外と俊敏な動き
ギャラリーの多さにも、ひるみません

ふと方向転換をしたタンタン。トコトコと、手前のモート(溝)に降りてキョロキョロ。何かを探しているのでしょうか。

急にくるっと方向転換
あれれ?お嬢様、どこへ?