Photo by iStock

海外で日本の「サバの塩焼き」が密かなブームになっていた…!

なぜか、アフリカ諸国で大人気

なぜかアフリカで大人気!

旬のサンマが大不漁とあって、ほっそりした小型魚が少々高値で店頭に並ぶ一方、順調に漁獲されるサバとイワシに、ちょっとした異変が起きている。サンマと違って、年中どこかで漁獲され、近年は日本一の生産量を競うほど豊漁の両魚種。ともに刺し身だけでなく、煮ても焼いてもサンマに引けをとらないほどおいしいが、実は「嘘だろ?」と思わずにはいられない輸出の実態がある。

日本のサバやイワシは、エジプトやタイといった国に輸出されていたのだ。

今年は不漁で一層細いサンマが店頭に並んだ(筆者撮影)
 

農林水産省がまとめた2018年の水産物輸出入情報によると、サバは25万トンが輸出され、うちナイジェリア(5万1000トン)やエジプト(4万6000トン)が多かった。水揚げ日本一のイワシは、およそ10万トンが輸出され、タイ(約5万トン)を筆頭に、ロシアやモーリシャス(ともに約7000トン)へ渡っていた。

輸入商社や水産庁などに輸出先での消費について聞くと、アフリカへ渡ったサバは、現地の一般的な家庭料理として塩焼きや煮込み料理として人気があるという。もちろん料理店でも提供されており、香ばしく塩焼きにしたり、野菜や香辛料とともに「トマト煮」にしたりして食べられているようだ。

一方、イワシはどうか。輸出先1位のタイでは、サバなどと同様に缶詰に加工されるといい、このほかロシアやモーリシャスに輸出されたイワシは「漁業用の餌として使われることもある」と水産庁。イワシについては、残念ながら海外でおいしい料理にされて味わっているという話は、聞こえてこなかった。