秀作揃い!「理系あるある川柳」コンテスト 受賞候補作を一挙公開!

おもしろいと思った句に、ぜひ投票を!
ご好評いただいている『さいえんす川柳』の刊行を記念して、ブルーバックス編集部が開催している「理系あるある川柳」コンテスト。たくさんの方からのご投稿をいただき、2905句の作品が集まりました!
ご参加いただいた皆さま、どうもありがとうございました。
思わず笑ってしまう数々の作品の中から、受賞候補作として30句を選出しました。
ここで、その秀作たちを一挙にご紹介します!

本作の中から受賞作を決定し、12月に発表します。11月26日まで、特設サイトにて人気投票を実施中なので、こちらもぜひ、ご参加ください!

流行のキーワード、理系ならではの「言い訳」…… 

香るのは ドルガバではなく 培地臭 弓状紋

任期付き 100日後には いないワシ 〈#PD-1〉

流行のキーワードにかけた句もちらほら。2番目の句は、任期付き研究員の厳しさと切なさが、痛いほど伝わってきます……。

太ってない 少し時空が 歪むだけ 〈物な春〉

エントロピー 私の机で 増大中 〈マヨラー粒子〉

宇宙なら 空気読めとは 言われまい 〈うるう〉

太っているのも、机が散らかっているのも、KYなのも、理系的な解釈をすれば、こうなります。

すぐ消える 差し入れ経費 ニホニウム 〈ルーキー〉

ニホニウムは、日本人のグループが発見した原子番号113の元素。平均寿命は2ミリ秒。すぐ消えてしまいます。

ちなみにブルーバックス編集部でも、いただいた差し入れは一瞬で消えます。