西武の二軍コーチが「後輩の靴」を盗んでクビに…「理由なき犯行」の不可解

残念としか言いようがない
週刊現代 プロフィール

現役時代から平尾に目をかけていた元西武監督の伊原春樹氏が嘆息する。

「残念としか言いようがない。平尾は私が推薦して、阪神からトレードで西武に引っ張ってきた選手で、近くでずっと見てきました。金髪にするなど見た目は個性的でしたが根は真面目で、後輩思いのいい男だと思っていただけにショックです」

 

しかし、なぜ後輩の靴なんかを盗んだのか。

「転売目的でないのは明らかなので、ますますわかりません。常習犯だったという話も出ているので、スリルを楽しんでいたのか……」(前出・スポーツ紙記者)

平尾の父が勤務する会社に連絡をしたが「何も答えることはありません」と言うのみ。'08年には浦和東警察署の一日署長も務めた平尾。あまりに情けない転落劇となってしまった。

『週刊現代』2020年11月14・21日号より