野田聖子が稲田朋美へ「反撃」を仕掛けたワケ〜「総理の椅子」を巡るバトルが過熱

一触即発のムード
週刊現代 プロフィール

「さらに野田氏は『(稲田氏が主宰する)女性議員飛躍の会が自民党本部709号室を使うのはおかしい』と主張しだしました。一議連が党の会議室を占有するのは認められないというのです」(前出・中堅議員)

 

野田氏には稲田氏への積年の遺恨もある。'14年に野田氏が総務会長を外れ、稲田氏が政調会長に就いた時のことだ。

「野田氏が女性活躍関連の資料を渡そうとしたのですが、稲田氏は『あとで見ます』と放り投げ、野田氏を激怒させたのです」(別の中堅議員)

女性総理を目指す二人の闘いは、嫉妬も絡んで激しさを増している。

『週刊現代』2020年11月14・21日号より