photo by istock
# 飲食店

決め手は「パクチー」?ベトナム発の次世代ランチ「バインミー」が流行中

人気店「sio」の鳥羽シェフが語った

味の全部が詰まっている

「バインミーは一見シンプルに見えますが、奥の深いクリエイティブな料理です。バインミーには、料理で表現できる5味+1(味覚である5味「甘味・酸味・塩味・苦味・旨味」とスパイスや香り)が全て詰まっており、レストランで提供する1皿が詰まっていると言っても過言ではありません」

そう語るのは、代々木上原のミシュラン一つ星フレンチ「sio」のシェフ、鳥羽周作氏である。

「sio」鳥羽周作シェフ
 

鳥羽シェフといえば、朝の情報番組『スッキリ!!』やツイッター上で公開する、家庭でもできる本格レシピが話題になっている。東急プラザ渋谷「パーラー大箸」の監修も務め、話題沸騰のシェフが力を入れているメニューが、「バインミー」だ。

彼が熱弁するように、「バインミー」がこれからの急上昇フードになりつつある。

実際、筆者が運営する「SARAH」の外食ビッグデータサービス「Food Data Bank」によると、昨年からじわじわと人気を集め、今年の6月から右肩上りになっていることがわかる。

そもそもバインミーとはどのような料理なのか、簡単に説明しよう。

初めて耳にした人もいるかもしれないが、バインミーはフランスパンに具材を挟んだベトナム風サンドイッチのことで、フォーや生春巻きと並びベトナムを代表する国民食の1つだ。屋台料理として親しまれている。

具材はお店やメニューによって様々だが、レバーペースト、ハム類、なます、キュウリをはさみ、パクチーなどの香味野菜でアクセントを付けるのが定番だ。

SARAH公式サイトより