photo by gettyimages

大本命はmini!「iPhone 12全4機種」最速比較レビュー

それでも私がPro Maxを選ぶ理由
先行発売された「iPhone 12」と「iPhone 12 Pro」の実機レビューが大好評を博した西田宗千佳さんの人気連載。

ついに今回は、日本での潜在需要が最も高いと期待される「iPhone 12 mini」の実機レビューを最速でお届け!

「iPhone 12 Pro Max」とともに、今年のiPhone全4機種が勢揃いしたなかで、いったいどれを選べばいいのか?

後発2機種の使用感

11月13日に発売される「iPhone 12 mini」(以下「mini」)、および「iPhone 12 Pro Max」(以下「12 Pro Max」)の実機を操作する機会を得た。今回は、その先行レビューをお届けしよう。

【写真】iPhone 12 miniとiPhone 12 Pro Maxの箱上がiPhone 12 miniの、下がiPhone 12 Pro Maxの箱
【写真】iPhone 12 Pro MaxiPhone 12 Pro Max(カラーはゴールド)
【写真】iPhone 12 miniiPhone 12 mini(カラーはブラック)

前回の記事でも書いたように、今年のiPhoneには4つのモデルがある。そのうちの2つは、すでに発売済みの「iPhone 12」(以下「12」)と「iPhone 12 Pro」(以下「12 Pro」)だ。

miniはこれらより小さく、12 Pro Maxは両者より大きい、名前どおりのラインナップとなっている。

では、後発として登場するminiと12 Pro Maxは、発売済みの両製品とどう違うのか?

実際の使用感を確かめてみた。

 

スタンダードかProか、それが問題だ

4モデルが存在するiPhone 12シリーズだが、別の言い方をすると「2つのグループ」に分けることができる。

1つは「スタンダードライン」であり、もう1つは「Proライン」だ。

4モデルのうち、12とminiがスタンダードライン、12 Proと12 Pro MaxがProラインである。そのうち、まずはサイズが同じ12と12 Proが発売され、今回はminiとPro Maxが発売される。2ラインをそれぞれ、2回に分けて発売した格好だ。

すなわち、今年の4モデルは、サイズが同じで先行発売された12と12 Proを中央に、より大きいサイズを用意した「Proライン」と、より小さいサイズをラインナップした「スタンダードライン」に分かれているのである。

【写真】iPhone 12 Pro MaxとiPhone 12 mini左がiPhone 12 Pro Max、右がiPhone 12 mini

2ラインの違いは、おもに性能面に現れている。何がどう、違うのか?