「プラチナ世代」の安田祐香 photo/gettyimages

女子ゴルフ「黄金世代」を超えた? 大注目「プラチナ世代」のすごすぎる実力と美貌

女子ゴルフ「プラチナ世代」がすごくなってきた!

11月8日に最終日を終えた『TOTOジャパンクラシック』は申ジエの優勝で幕を閉じた。笹生優花の追い上げをものともせず、19アンダーという圧巻のゴルフでその実力を改めて証明して見せた。

そんな白熱のツアーで、今回注目されているのが「プラチナ世代」の活躍だ。

先週は初優勝したばかりの西村優菜 photo/gettyimages
 

たとえば、9位に食い込んだ西村優菜。先週開催された『樋口久子三菱電機レディース』では、最終日に首位と6打差の3位スタートから大逆転劇を演じて初優勝を飾ったばかりだが、今大会でも上位に食い込んで見せた。

「上位争いできているのがうれしいですし、それが大事だと思っているので、続けていきたい」と本人も語るように、安定して上位争いできていることで俄然注目度が高まっている。

もともとプラチナ世代とは、2000年度生まれのルーキーたちのことを指す。西村もまた2000年8月4日生まれで、今年プロデビューしたばかりのルーキーだ。