「身体を温める食べ物といえば、レンコン」と教えてくれたのは人気料理研究家のウー・ウェンさん。レンコンには身体を温める効果があり、ビタミンCも豊富。そのため、ウーさんが生まれ育った中国では、風邪気味のとき、レンコンの粉を使った葛湯のようなものを飲むのだそう。

インフルエンザ予防もしっかり行いたい今、たくさん食べたいから普通の材料で簡単に作れるレシピを知りたい。そこで、ウーさんが以前教えてくださった、シンプルですごくおいしく、風邪予防にもなる「レンコン」レシピを再編集してご紹介します。

風邪予防に「レンコン」はもってこい

風邪気味のとき、とろっとした葛湯を飲んだことはありませんか。中国では、レンコンの粉を使った同じようなものを飲むそう。「レンコンには身体を温める効果があります。ビタミンCもすごく多いし、風邪にはもってこいの素材ですからね」とウーさん。

日本のレンコンは大きく分けて2種類あり、中国のレンコンに近いのは肉厚で穴が小さい加賀レンコン。この加賀レンコンが大好きなウーさんの定番レシピが、今回ご紹介するスープと煮物。おいしく作るコツは、料理の仕方に合わせて、レンコンの切り方を変えること

穴があるほうが汁けと絡みやすいので、スープを作るときは輪切りに。煮るときは穴に合わせて縦に切るのがポイント。この切り方だと、レンコンの歯ごたえを最も感じられるんです」 

身体の芯から温まる!
「レンコンと鶏肉の黒酢スープ」

レンコンはしょうが、ねぎ、黒酢と合わせると、よりいっそうおいしくなるそうで、このスープには、しょうがとねぎが驚くほどたっぷり入る。

「スープというと水をたっぷり入れがちですが、そうすると味がボケてしまいがち。素材からも水分が出るんだから、水は少しでいいのそしてレンコンはじっくり煮ること。でも調味料を入れてからは、さっと煮立たせるだけ。さっとか、じっくりか、中途半端はダメよ」とウーさん。冷え防止に最適だから、多めに作って朝に食べるのもおすすめ!

◆材料(2~3人分)
レンコン……150g
鶏もも肉……1枚
長ねぎ………1本
しょうが……50g
酒……………大さじ1
(A)
しょうゆ……大さじ1
黒酢…………大さじ1
はちみつ……大さじ1/2
こしょう……少々

◆作り方

【1】レンコンは皮をむき、1cm幅の輪切りにする。鶏肉はひと口大に切る。

【2】長ネギは斜め薄切りに、しょうがは千切りにする。

【3】鶏肉は表面が白くなるまでさっとゆでて水をきり、フライパンに入れて酒と水1と1/2カップを注ぐ。火にかけて煮立ったらレンコンを加え、弱火にしてふたをし、10分煮る。

【4】(A)で調味し、【2】を加えて強火にし、煮立って30秒ほどしたら火からおろし、ふたをしたまま粗熱をとる。

【POINT】
鶏肉は表面が白くなるくらい火を通すだけで、臭みがなくなる。スープとはいえ素材のもつ水分を生かすため水を加えすぎないのも肝。また、調味した後はあまり火にかけず、酸味や香りを飛ばさないように注意。余熱でじんわりと味を染み渡らせる。