〔PHOTO〕gettyimages

トランプ敗北後、日本はアメリカとどう付き合えばいいのか

深刻すぎる二極分化の実態

アメリカの大統領選挙の混迷が続いている。アメリカ社会の二極分化は今に始まったことではないが、それが一層深刻になってきていることは確かなようだ。

トランプの攻撃的な姿勢が二極分化を悪化させたことは間違いないが、実はオバマの宗教説教者的な姿勢が一部の国民を苛立たせていた布石があったことも指摘しておかざるをえない。

選挙は、アメリカ社会の脆弱性を浮き彫りにした。誰が大統領に就任するにせよ、超大国アメリカは苦しんでいる、という現状を覆い隠すことはできないだろう。

日本は、アメリカしか同盟国を持たない国だ。アメリカと手を携えて生きていくしかない。だが、だからといって脆弱化しているアメリカの現実から目をそらすことも、正しくない。どうすればいいのか。考えていかなければならない。

〔PHOTO〕gettyimages
 

分断されたアメリカ

現代アメリカ社会の二極分化の深刻さは、BLMの運動と中で見られた極左・極右団体の暗躍などを通じて、すでに鮮明に見られていた。

しかし選挙の際の投票行動を地図で見たりすると、あらためて分断の構図が可視化されてくる。都市部が青(民主党)、地方部が赤(共和党)で、くっきりと色分けされる。