# 健康

人は「死んだら」どうなるのか、なぜ「死ぬ」のは怖いのか…その「意外な答え」

生きていることに価値がある
橋爪 大三郎 プロフィール

「宗教」にはどう生きるかの知恵が詰まっている

これまで生きた人びとは、いろいろ知恵をしぼって、人間が死んだらどうなるか、考えました。それが、宗教のかたちで伝わっています。それぞれの宗教は、人間が死んだらどうなるか、つまりどう生きるべきかの知恵が詰まっています。

とりあえず、そのひとつひとつを理解すること。そのどれかを選べば、自分の生き方が一本芯の通ったものになります。ほかの生き方についても、理解が深まります。そのどれも選ばなかったとしても、自分だけの生き方が手に入るかもしれません。

死ぬことについて考える。死が間近に迫って時間切れにならないうちに、さあ、始めましょう。

 
【連載:橋爪大三郎の「社会学の窓から」】最新バックナンバーはこちらから

関連記事

編集部からのお知らせ!
SPONSORED

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/