日本各地の焼物を擬人化!?

伊万里、備前、九谷……日本各地の焼物を擬人化!? 『月刊モーニング・ツー』(講談社)で連載中の焼物擬人化コメディ漫画『やきもんロワイヤル』の第1巻が発売された。なぜいま焼物を漫画にするのか?

作者の竹谷州史さんは「奥さんが料理を器に並べたり飲み物を湯飲みで飲んだりする人なんです。自分のセンスで焼物を楽しそうに選んでいる姿を見ていて、焼物って面白そうだなと思っていました。さらにあるとき、奥さんが『刀剣乱舞』にハマったんです。擬人化ありきで題材を探していたところ、焼物を漫画にしている人は少ないと思い、テーマとして選びました」と語る。

作品紹介

日本全国津々浦々に在る伝統的な焼物の数々。そして、それぞれの焼物の個性が具現化した姿が焼器霊(やきもん)なのだ!

蒸発した父親の代わりに「ほむら焼物館」で館長を務めることになった大学生・炎堂クレイは、伊万里・備前・九谷・美濃の4人に出くわしてしまう。

ひとクセもふたクセもある焼器霊(やきもん)たちにもみくちゃにされながら、かつては栄華を極めた焼物の再興に尽力するクレイ! そりゃ当然、前途は多難!!

作者コメント

個性豊かな焼物たちが美しい精霊になっちゃった!

これを読めば陶器市や食器売場がぐっと楽しくなること間違いなし!

わいわい楽しく笑いながらちょっぴりのウンチクも知れておトクな擬人化コメディ。

あなたの推し焼物の登場リクエストも受付中!

焼物界が盛り上がり、身近に感じるきっかけになればうれしいです!

作者紹介

竹谷州史(たけや・しゅうじ)

岩手県在住。他作に『やすらかモンスターズ』、『Smoking Gun 民間科捜研調査員 流田縁』(集英社)、『astral project 月の光』、『暗闇ダンス』(共にKADOKAWA/エンターブレイン)など。