# 恋愛 # 婚活

「理想のパートナー」など存在しない!?…仕事にも恋愛にも通じる大事なオキテ

「営業の鬼」が語る人生の本質
早川 勝 プロフィール

仕事と恋愛はよく似ている

とはいえ、一旦「惚れた腫れた」の世界にどっぷりと落ちてしまえば、お互いに欠点は気にならなくなる。むしろ「ダメなところも好き」だなんて、他人から見れば「勝手にしやがれ」的な、自分たちだけの世界観をつくり上げていくわけだ。

Photo by iStock

まさにこの世の春である。この関係が長く続けばハッピーだ。

ところが、どれだけ熱く燃え上がろうとも、残念ながらやがて冷める。冷静になって我に返ってみれば、「何でこんな人に惚れたのだろう」と、顔を見るのも嫌になっていく。

箸の上げ下げまでもイラッとして耐えられない。まさに幻想から醒めていくのである。

そうして愛は、憎しみへと変貌していくこともあるのだ。

仕事と恋愛はよく似ている。自分が心から愛するに値する素敵なパートナー(仕事)と出会うことなど、なかなかできない。

愛するに値するパートナーさえ現れてくれれば、「愛してあげること」ができる、と思っている人は、職を転々とする“幸せになれないビジネスパーソン”と同類だ。

 

絶世の美男・美女(人気企業)で、高収入のエリート・資産家のお嬢様(大企業)で、どんなわがままも聞いてくれる誠実な相手(好待遇の会社)と出会いたい、という願望も虚しく“妥協の恋”を選択しても、やがては破局の繰り返しである。

すると、また懲りずに「今回は恋人(仕事)選びを間違えてしまった」「今度こそ自分と相性抜群の恋人(仕事)を探そう」と再出発を図るのだが……。

関連記事