# 恋愛 # 婚活

女性は少し「ワガママ」に振る舞うくらいが「結局モテる」納得の理由

「受け身の恋愛」はソンをする
嶋 かおり プロフィール

もっと自分の気持ちを伝えよう

女性のほうから「会いたい」「連絡がほしい」「結婚したい」と言うと男性に「重い」と思われる、ってよく恋愛本に書いてありますね。

Photo by iStock

確かに、そういうことはあります。言いすぎる女性は、面倒くさい!!

でも、それは「言いすぎた」場合であって、「全然言わないでいる」と、自分の気持ちが伝わりません。

言いすぎた場合というのは、「会いたいよ~」や「好きだよ~」を連発して「なんで会えないの?」「なんで連絡くれないの?」と、相手を責める場合です。

相手に何かを「要求」するだけで、もしくは、「要求する気持ち」や「相手をコントロールしようとする気持ち」があるだけで、彼は「重く」感じてしまいます。

だから、言いすぎず、軽やかに、適度に、自分の気持ちを伝えるくらいは、全然アリだと思ってください!!

本音を言わないと、どうなると思いますか?

男性に、すべて任せることになりますよね。

つまり、男性のペースに合わせるしかないんですよね。

お誘いも相手から、会う日程も相手から、連絡も相手から、結婚のタイミングも相

手から。つまり「受け身」になりがち。

 

でも、これって、自分のことしか考えない男性にとっては好都合なんです。

つまり、「都合のいい女」だから。

だって、女性から意見を言ってこないから、騙すことができるでしょう?

編集部からのお知らせ!

関連記事