初めての土地へのショートトリップ。限られた時間の中で、楽しく効率よくまわりたい。そんな時、情報収集はローカル(地元住民)に聞くのがいちばん確実。今回は、奄美大島の2人のキーパーソン、ハルさん&あかりさんにおすすめスポットを案内していただきました。

奄美大島で生まれ育ち、幼い頃から絵や漫画を描いて暮らしている、奄美が生んだ漫画家姉妹。「奄美が大好きだから、みなさんにも好きになってほしい」と話す2人が選ぶ、地域密着型スポットの中からグルメスポットを紹介します。

奄美空港からのアクセス
奄美市名瀬まで、約30km(奄美市役所まで)県道82号と国道58号を経由して約40分

島人からも観光客からも愛される
こだわりの味

サンドイッチカフェ奄美

毎朝7時30分のオープンと同時に品薄になる人気。

耳までしっとりやわらかい専用食パンを使用したサンドイッチは、全24種類。

店頭でサンドするため、常に作りたて。具材に合わせ、ソースも変える。

養鶏場直送の卵、手作りマヨネーズ、酢漬けのきゅうりなど、すべてのこだわりは「サンドイッチひとつで栄養バランスがとれるように」という愛情から。

エッグとたっぷりトマト¥300、フライドチキン1本¥110、ホットコーヒー¥200。3品を頼むと¥100引きに。

休日は1000本以上揚げるというフライドチキンも必食。テイクアウトで美しい海を眺めながら食べるのも◎。

サンドイッチカフェ奄美
奄美市名瀬幸町8-2
☎0997-52-1207
営業時間:7:30~19:00
定休日:1/1

ボリューム満点&作りたてで
地元民の胃袋をつかむ

モグモグ弁当

チキン南蛮弁当¥600。

富澤もち屋の一角でスタートした小さなお弁当屋さん。4畳ほどのスペースには、朝10時になると、お弁当がずらり。

毎日13時過ぎには売り切れてしまうのでお早めに。近所のスーパーでも買うことができる。

日替わり弁当はワンコイン、ハンバーグ弁当が¥600などリーズナブルな上におかずの数が多いのも魅力のひとつ。白米ともち米をブレンドしたごはんは、冷めてもモチモチ。

富澤もち屋の2代目を中心に家族で丁寧に作っている。

ドライブの途中に立ち寄って、景色のいい公園や海などでいただくのがおすすめ。

モグモグ弁当
奄美市名瀬幸町12-15
¬☎0997-52-2848
営業時間:10:00~売り切れ次第終了
定休日:土・日・祝

「これ、食べたい!」が必ずある
老若男女が集まる町の大衆食堂

むら山

ちゃんぽん¥750。初代が開発したオリジナルメニュー。野菜たっぷり&卵入りあんかけ風。

地元民から観光客まで、全方向から愛される大衆食堂。現在は、2代目が切り盛りしているが、常連側も2世代、3世代と家族で通い続ける人が多い。

エビフライ&焼き肉定食¥1100。

メニューがとにかく豊富でエビフライ&ハンバーグ、から揚げ&焼き肉など、ワクワクする組み合わせがいっぱい。お子様ランチならぬ、大人様ランチ? 

御座敷もあり、ファミリーでもゆっくり過ごせる。

誰と行っても満足できる、とても居心地のいい店だ。

むら山
奄美市名瀬有屋町27-7
☎0997-53-5231
営業時間:11:00~15:00、18:00~21:00
定休日:日