初めての土地へのショートトリップ。限られた時間の中で、楽しく効率よくまわりたい。そんな時、情報収集はローカル(地元住民)に聞くのがいちばん確実。今回は、奄美大島の2人のキーパーソン、ハルさん&あかりさんにおすすめスポットを案内していただきました。

奄美大島で生まれ育ち、幼い頃から絵や漫画を描いて暮らしている、奄美が生んだ漫画家姉妹。「奄美が大好きだから、みなさんにも好きになってほしい」と話す2人が選ぶ、地域密着型スポットの中から、“ここに行けば奄美大島が丸わかり”な施設と絶景スポットを紹介します。

奄美空港からのアクセス
奄美市笠利町まで、約2.5km(鹿児島県奄美パークまで)県道82号を経由して約5分
大島郡大和村まで、約51km(大和村役場まで)国道58号と県道79号を経由して約75分

奄美空港から車で約5分。
旅のはじまりはここから

鹿児島県奄美パーク

貴重な写真が多数。

奄美群島の自然や歴史、文化をビジュアルで楽しく学べる「奄美の郷」と、奄美の自然を描き続けた画家・田中一村の作品を展示する「田中一村記念美術館」の2つを中核とする観光拠点施設。

昭和30年代の暮らしを実物大模型と映像で。

奄美市内の小・中学生は必ず社会科見学で訪れる場所だという。

敷地内にある展望台からは、空港を離発着する飛行機のほか、笠利地区や喜界島を一望。
ビロウやタコノキなど、一村が好んで絵のモチーフにした植物も楽しめる。

最新の観光情報も入手できるので、初めて奄美大島に上陸したなら、一番最初に訪れたいスポットだ。


\とっておき奄美大島土産/
地域の自然を守るタオル

草木染めのアースカラーに、奄美大島の野生動物が刺繍されたオーガニックコットンのタオルハンカチ。写真のルリカケスのほか、奄美大島と徳之島のみに生息するアマミノクロウサギ、アカヒゲなど種類も豊富。1枚につき100円が奄美の自然保護のために寄付される。鹿児島県奄美パークでも購入可能。¥990。

鹿児島県奄美パーク
奄美市笠利町節田1834
☎0997-55-2333(奄美の郷)
営業時間:9:00~18:00
定休日: 第1・3水 ※祝日の場合は翌日休。GW、夏休み、年末年始は開館
http://amamipark.com/