縄文時代を再現した三内丸山遺跡の様子[Photo by iStock]

衝撃!縄文人はO脚だった…? 骨からわかった意外な健康状態

歯周病、歯槽膿漏で死に至ることも…

縄文時代の女性のリアルな姿

避暑地として名高い長野県軽井沢町からほど近い、御代田町の浅間縄文ミュージアムに今年3月、5000年前の縄文時代に生きた女性の模型が登場した。

身長は当時の女性の平均とされる147cm。二重まぶた、高い鼻などの縄文人に特徴的な顔つきを再現している。20歳前後というという設定で、愛称は「ゆきえ」。出土した縄文人骨やDNAを基に製作されたものだ。

再現された縄文人女性ゆきえさん[©浅間縄文ミュージアム(国立科学博物館の馬場悠男名誉研究員監修)]
 

ミュージアムに展示されているゆきえは食事の支度をしており、山菜などが入った「縄文汁」を来館者に差し出している。博物館に時々足を運ぶ人なら、そこで展示されている縄文人の骨格標本の多くをみて、彼らがマッチョな体格であることに気づいているかもしれない。

例えば、腕の骨をみてみよう。骨の太さは太く、上腕骨の三角筋粗面などを見ると、今の私たちより大きく、がっしりしている。しかし、そうはいっても、縄文時代が1万年以上にもわたったこともあって、時代や地域によって、その体格は一様ではない。なかには、信じられないくらいきゃしゃなほそい骨もある。

骨格がしっかりしていて健康そうに見えるゆきえも、何かの病にかかることはあっただろう。人はだれでも病から逃れることはできない。それまで健康でいても、何かの病気に突然かかることはあるし、事故にあってけがをすることもある。このような状況は、いまから数千数年前の縄文時代でも同じだった。ここでは、発掘された骨から判明した縄文人の意外な健康状態についてみていきたい。

3000年前から虫歯に苦しむ

縄文人の暮らしについては、近年、さまざまなアプローチが試みられ、驚くべき事実が次々と明らかにされつつある。その結果、「縄文食」なるものを復元することもある程度、可能となってきた。

結論からいうと、縄文人は、その土地の海の幸や山の幸を食べていたといっていい。うなぎも食べていたというから驚きである。