菅総理、すでに疲労困憊か…?「いねむり」にあわてふためく側近たち

国会運営にも影響

周囲も『大丈夫か』と心配

「最近、夕方になると、菅義偉総理が居眠りをすることが多くなりました。官僚がレクをしている最中などに、こっくりこっくりと船を漕ぐことが頻繁にある。秘書官も無理に起こすわけにもいかず、対応に困っています」(官邸スタッフ)

Photo by gettyimages

菅総理が就任してから、1ヵ月半。週末も休みをとらず、精力的に動いているように見えるが、実際にはかなりお疲れのようだ。

 

「毎日のように自分でアポを取った来客との予定を入れていますが、そのせいで、疲労が溜まっているようです。

大体夜11時すぎには寝て、朝5時には起きるという朝型タイプとはいえ、夕方になるとすぐにウトウトしてしまう。周囲も『大丈夫か』と心配しています」(自民党中堅議員)

外遊先のベトナムで「ASEAN」を「アルゼンチン」と言い間違えたのも、疲労が原因ではないかと言われている。影響は、すでに国会運営にも出ているという。