# マンガ # 節約

【漫画】アラサー女子が、老後資金2000万円を貯めるには「ルームシェア」すべき圧倒的な理由

カネなしアラサー、おふたりさまぐらし 第3話

そういえば年金っていくら貰えるの…?

年金以外に老後資金として2000万円が必要って「無理ゲー」すぎる…。

2019年、金融庁の報告書に書かれた衝撃的な内容に、全国民が驚愕したことは記憶にあたらしい。その事実に同じく危機感を覚えた、二人のアラサー独身女性がいました。

そんな老後に不安を抱える二人のアラサー女が、娯楽への散財を極力絞らずに、不足の老後資金2000万円を捻出しようと奮闘する物語『カネなしアラサー、おふたりさまぐらし~健康で文化的な老後のための資産形成物語~』がPalcyで掲載中です。

 

本作の主人公は、手取り25万円ほどで、オタク趣味への散財が原因で貯金がまったくできないwebデザイナー。もう一人が手取り23万ほどながら、イケメンアイドルへの愛が強すぎて遠征続きの事務職OL。

第3話では、そんな二人が老後の主な生活資金となる「年金」について改めて勉強します。国民全員が加入している「国民年金」と会社員が加入する「厚生年金」。後者は二階建てだから、会社員は自営業の人よりも多くもらえ、て…、えっと…。

なんとなく仕組みは知っているものの、細かいところまでは知らない! ましてやどれくらいの金額が貰えるのか想像がつかない! そんな人も多いのではないでしょうか?

実際、主人公の二人も似たような状況でした。そんなこんなでお金のプロであるファイナンシャルプランナー(FP)に年金の試算を出してもらったところ、やっぱりいまの生活を死ぬまで維持し続けるのは難しいようで…。

落ち込む二人を見かねて、FPは「ルームシェア」を提案します。趣味も感性も近い二人であれば、一緒に住んでしまえば、生活費の大幅なコストカットが見込めるはず。節約によって得られる具体的な金額も示されており、まさに目からウロコの内容になっています。

老後に理想的で文化的な暮らしを営めるか、それは現在の行動にかかっています。他人事と思わず、資産形成を始めるキッカケとして「カネなしアラサー、おふたりさまぐらし」はオススメです。

「カネなしアラサー、おふたりさまぐらし」公開中のエピソード

第1話はこちら

第2話はこちら
 

著者紹介

おののぶし

代表作に『腐女子クソ恋愛本』(講談社)、『カネなしアラサー、おふたりさまぐらし~健康で文化的な老後のための資産形成物語~』(講談社)
Twitter→@namayakeniku

購入はこちらから