劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編公式サイトより

『鬼滅の刃』の「実写化予想」に飛び交うファンの怒りとメディアの悪癖

俳優もファンも誰も得しない…

「絶対に反対」「作品を壊すな!」の怒り

映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の公開前後から、大ヒットを証明するように連日大量の関連記事が報じられている。あまりの多さに驚かされるが、ファンとしては毎日大好きな作品のニュースを見るのも悪くないのではないか。

実際、『鬼滅の刃』の関連記事は、その大半が「ファンと一緒に盛り上がろう」というポジティブなもので占められているが、唯一ネガティブな気持ちにさせているのが“実写化”に関するもの。「実写化するなら誰?」という緊急アンケートを取ったり、映画の専門家に俳優の候補を出させたり、なかにはライターが「勝手にキャスティング」するものすらあった。

このような記事が多くのウェブサイトにアップされていることで、「絶対に反対」「実写化を許してはいけない」「作品を壊すな!」などとファンたちを完全に怒らせてしまっている。

 

アニメ版は、まだ原作漫画の3分の1程度の段階であり、先が長いにもかかわらず、なぜこれほど実写化に関する記事が飛び交ってしまうのか。その背景にはウェブサイトと、それを見る人々の悪癖がある。