「巨人キラー」川崎憲次郎が「2020年ドラフト会議」全球団をガチ診断

早川や佐藤の印象は?

「2020年プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が10月26日に行われた。新型コロナウイルスの影響で、夏の高校野球は中止。公式戦の開催もままならない異例のシーズンを過ごした今シーズン。ドラフトでは計123選手(支配下74選手、育成49選手)が指名を受け、新たなステージへと進むこととなった。

本記事では、野球解説者の川崎憲次郎さんに2020年のドラフト会議で上位指名された選手の印象について語っていただいた。

野村ヤクルトで「巨人キラー」として名を馳せた投手・川崎憲次郎さん
 

早川を外した東京ヤクルトは慶應木澤を1位指名

× 早川隆久・投手(早稲田大)
× 鈴木昭汰・投手(法政大)
1.木澤尚文・投手(慶應大)
2.山野太一・投手(東北福祉大)
3.内山壮真・捕手(星稜高)
4.元山飛優・内野手(東北福祉大)
5.並木秀尊・外野手(獨協大)
6.嘉手苅浩太・投手(日本航空石川高)

■育成
1.下慎之介・投手(健大高崎高)
2.赤羽由紘・内野手(BC・信濃)
3.松井聖・捕手(BC・信濃)
4.丸山翔大・投手(西日本工業大)

――早川投手、鈴木投手の抽選を外したヤクルトは、同じく東京六大学から木澤投手(慶應大)を指名しました。

速球が魅力の木澤投手ですが、投げるときに若干身体が開いてしまう傾向があるので、そこは修正する必要があると思います。ボールをリリースするタイミングや、腕でボールをコントロールする癖を修正していけば、これまでよりももっと力のあるボールが投げられるようになると思うので、身体作りと併せて磨き上げていって欲しいです。

大卒は木澤投手と小柄ながらも速球が魅力の左腕、山野投手の2名。防御率がセリーグ最下位と「投手崩壊」している今シーズンの現状を見ると、投手の指名がもう少し多くても良かったかなと個人的には思います。

今年はFA権を取得した小川投手、石山投手、山田哲人選手が揃って移籍する可能性があるなか、他球団からの移籍選手や、新外国人選手の補強と併せてどのように仕上げていくのか、2年目のシーズンを迎える高津監督のチーム作りに注目していきたいと思います。