(C)三田紀房

『ドラゴン桜』三田紀房「秘技・板挟みドリル」で軸回転を体得す!

人生最後の「ゴルフスイング改造」計画
『ドラゴン桜』や『アルキメデスの大戦』などのヒット作で知られる人気漫画家・三田紀房さんが、世界標準のスイングが身につく科学的ゴルフ上達法』シリーズがベストセラーとなっている板橋繁コーチによる短期集中レッスンを受講中だ。
【写真】三田紀房さん 「世界標準のスイング」体得に挑む三田紀房さん。『ドラゴン桜』『インベスターZ』『アルキメデスの大戦』などヒット作を多数、生み出してきた

前回のレッスンでは、おもにバックスイングからトップまでの動きについて、板橋コーチによる指導がおこなわれた。

三田さんのアドレスはこれまで、右腰を高く構えていたが、逆Kの字形に修正。左腰をやや高くして、ボール位置も左太もも内側の前で構えるようになると、バックスイングのリバースピポットが抑えられ、スムーズにクラブが上がるようになってきた。

さらに、シャットにクラブを上げていた癖も修正したことで、オーバースイングも改善。トップでクラブが背中側に回りすぎることもなくなり、トップの位置が定まってきた。

その結果、方向性と飛距離のバラツキが抑えられ、球筋が安定。打球音もカツッと乾いた音に変わってきたことは、前回レポートしたとおりだ。

第3回となる今回のレッスンでは、インパクトゾーンでの体の使い方と軸回転について、板橋コーチが徹底指導。スイングの完成度をさらに高めることを目指す──。

(取材・文/水品 壽孝)

強化ポイントは「インパクトゾーン」

板橋 今回は、インパクトゾーンを鍛えたいと思います。「イメージシャフト」という練習器具を用いて、インパクトゾーンでの腕と体の使い方を学んでいただきたいと思います。

まずは、右手からおこないましょう。イメージシャフトを右手一本でもち、左手を右上腕部に添えて腰の高さまでバックスイングしてください。このとき、右前腕部とシャフトがつくる角度は約90度です。この右前腕部とシャフトがつくる角度を保ったまま左股関節を切り上げ、右手を左腰の横にもっていって、イメージシャフトの先端で芝を擦(こす)ります。

このとき、右手首を伸ばしてはいけません。体の回転を止めずに、右肩をしっかり動かして、芝を擦るようにすることがポイントです。

イメージシャフトとは、ゴルフクラブのクラブヘッドをなくし、グリップ側におもりがついたカウンターバランス設計の練習器具のこと。ヘッドを切除したシャフトの先端で、正確に地面をタッチすることで、正しいゴルフスイングの感覚が養われるという。

「正しいハンドファースト」とは

板橋 次は、左手一本でやってみましょう。左手のスイングは、ボールの位置にシャフトの先端を落としてはいけません。つま先を結んだラインの約10センチ先に、シャフトの先端をトンと落とします。

このとき右手と同じく、手で合わせにいかないよう注意しましょう。左前腕部とシャフトがつくる約90度の角度をキープしたまま、フットワークを使って自分が沈み込むことによって、膝の高さからシャフトの先端を地面に落とします。

 

三田 先端が地面に落ちたとき、グリップエンドはターゲットの左を指しています。これでいいんでしょうか?

板橋 はい、そうです。先端が接地したとき、グリップエンドが目標の左方向を向くのが「正しいハンドファースト」です。いままでの三田さんは、インパクトでシャフトが立ち、グリップエンドが上を向いていました。そのためインパクト時のロフトが増え、ターフもとれなかったはずです。

三田 そうなんです。アイアンで打っても、うまくターフがとれないので、どうしてだろうと思っていました。