鐘南山 photo by Voice of America

中国版「イソジン騒動」、対コロナ英雄の医師が推奨した薬に庶民狂奔

「新型コロナに効果」政府は必死に否定

万能薬、板藍根

中国の家庭で常備されている薬の1つに、「板藍根(ばんらんこん)」という「中薬(漢方薬)」がある。中国のオンライン百科事典「百度百科」で検索するとこういう説明がある。

――板藍根は「中薬(漢方薬)」の名称であり、アブラナ科の植物「菘藍(タイセイ:Isatis indigotica)」の根を乾燥したもの。清熱解毒(体内の熱を冷まし、体内に入った毒を除去する)、凉血(熱で出血しやすい状態の改善)、利咽(喉の調子を整える)などの功能を有する。主として、外気の温度変化による発熱、感染性熱病疾患の初期、のどの痛み、熱による発疹、流行性耳下腺炎、丹毒(溶連菌による皮膚の化膿性炎症)、できものを治療する。――

板菘藍

なお、「菘藍」の「藍」、「indigotica」の「indigo」から連想できるかもしれない。「菘藍」は日本で藍染に使う藍色の染料を取る原料として使われた歴史がある。

ところで、日本では風邪の初期には「葛根湯(かっこんとう)」が有効と言われるが、中国では風邪をひいたら「板藍根」が有効と言われている。

生薬の解説書をみると、葛根湯は発汗作用の促進に効果があるだけと言って良い代物で、服用時期が風邪の初期に限定されているのに対して、板藍根には服用時期の限定はなく、風邪をひいたら比較的長い期間の服用が可能とある。

言ってみれば、板藍根は風邪に類する病気の万能薬だというのが中国の庶民感覚であり、「非典型肺炎(重症急性呼吸器症候群:SARS)」や「感冒(インフルエンザ)」、「禽流感(鳥インフルエンザ)」と言った流行性の病気が蔓延する度に、人々は板藍根を求めて薬局に殺到するのだ。

筆者も北京市に駐在中は何かと言えば板藍根が良いと言われて、何度も服用したが、風邪の類いには確かに有効だった記憶がある。

 

それでは、中国・武漢市を発症の起源として、現在もなお世界中で感染を拡大している新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する板藍根の有効性はどうなのだろうか。