初優勝を飾った西村優菜 photo/gettyimages

西村優菜「優勝」で大注目…女子プロゴルフ「プラチナ世代」のすごい実力と美貌!

黄金世代を超える…?

女子プロゴルフ「プラチナ世代」がやってきた…!

埼玉武蔵丘ゴルフクラブで開催されていた『樋口久子三菱電機レディース』最終日、ルーキーの西村優菜が首位と6打差の3位スタートから大逆転劇を演じて初優勝を飾ったことで、女子プロゴルフ界の「プラチナ世代」への注目が俄然高まっている。

初優勝した西村優菜 pjoto/gettyimages
 

女子プロゴルフ界でここのところ最も注目されてきたのは「黄金世代」だ。

「黄金世代」とは、1998年度生まれの選手たちのことを指し、その世代の大活躍ぶりからまさにゴールデンエイジと称されている。

昨年全英オープンを制してゴルフファンたちを熱狂させた渋野日向子や、今年日本女子オープンを制した原英莉花、そんな原と日本女子オープンを争った小祝さくらなど、そうそうたるメンバーが名を連ねる。

今回、西村と最終ホールまで優勝争いをした勝みなみもまたそんな「黄金世代」の一人である。

渋野日向子は予選落ちだった photo/gettyimages

そんな黄金世代よりさらに若く、実力者たちがそろっているのが「プラチナ世代」なのである。