Photo by iStock

「ただの数字」に踊らされるな! 老後に「2000万円」なんて必要ないワケ

もっと楽観的に生きよう
長引くコロナ渦で、ますますハードモードになりつつあるこの社会。そんな中、なるべくお金を使わずに、賢く生きていく方法を教えてくれるのは、新刊『とにかく死なないための「しょぼい投資」の話』を上梓した「えらいてんちょう」さんだ。昨年、世間をパニックにおとしいれた「老後2000万円問題」。ところが、えらいてんちょうさんは「老後に2000万円なんて必要ない」と断言する。その根拠を鮮やかに解説してくれた。

このデータの何が問題なのか

2019年の6月に金融庁が公表した「高齢社会における資産形成・管理」の報告書が、ひところたいへんな話題になりました。いわゆる「老後2000万円問題」です。

この報告書では、夫65歳以上、妻60歳以上で共に無職、収入は年金のみという「モデルケース」を紹介しています。報告によれば、このような高齢世帯夫婦の平均収入は約21万円ですが、実際の支出の平均は約26万円で、毎月約5.5万円の赤字が出る、という計算になるそうです。

で、この毎月約5.5万円の赤字はどこから補塡しているかというと、自分たちの貯金から出している、と。

ということは、引退後に20年生きているとすれば、月5.5万円×12カ月×20年で約1300万円、30年生きているとすれば月5.5万円×12カ月×30年で約2000万円くらいは必要になりますよ、というのが、ざっくりまとめた「老後2000万円問題」の中身です。

で、今後の日本はますます長寿化していくことが予想され、さらに少子高齢化も進んでいくことは確実視されていますから、年金の給付額も将来的にさらに減るでしょう、だから年金のみに頼るのではなく、現役時代からいろいろな方法で資産形成をして、人生100年時代に備えましょう……と提言しています。

 

この報告書の内容は、発表直後から「老後2000万円問題」という言葉の強さもあって大騒ぎになりましたね。銀行の窓口やライフプランナー的な人々のところに「2000万も貯められそうにないけどどうしたらいいのか」という人が殺到し、雑誌やネットでも「2000万円貯める方法!」なんて特集ばかり組んでいました。

いまから考えたら、平和だったんですねえ、2019年の日本は。