# 外食

変わり種をやめて、「天丼てんや」が魚介類と野菜の「原点回帰」に行き着いたワケ

世代によって異なる「天丼」の立ち位置

五輪開催で「ニッポンの食文化」も注目された!?

今年の夏「東京オリンピック」が開催されていたら、「ニッポンの食文化」にどんな注目が集まっただろう。コロナ禍で五輪が延期(もしかして中止?)となり、外国人観光客の訪日制限が続く現在では、想像するしかないが。

Sushi(寿司)やRamen(ラーメン)は、例えば「岩国寿司」(山口県)や「喜多方ラーメン」(福島県)など、地域によって形や味が変わるのに興味を持たれたかもしれない。

こう思ったのは、Tendon(天丼)文化と、それをチェーン展開する「天丼てんや」(以下「てんや」)の存在がある。首都圏を中心に国内約190店舗(うち直営140店舗。2020年6月末時点)があり、海外にも29店舗(同10月末時点)を展開する最大手だ。

天丼てんや浅草店(編集部撮影)
 

その「てんや」が、かつては期間限定の新商品で訴求した牛肉や豚肉などを使った“変わり種”をやめ、基本食材に原点回帰をしたという。

コロナ禍で特に都心の飲食店が厳しいなか、どんな思いで消費者と向き合っているのか。関係者を取材し、現在の取り組みを聞いた。