自然体で楽しまれている

たとえば、東京都・埼玉県・山梨県の境界にある雲取山は、標高2,017m。東京の山で2,000mを超える唯一の山です。難易度でいうと中級者向けのコースが多く、初心者には難しい山だと言われています。

2007年10月22日(月)から1泊2日のスケジュールで、コースは峰登山口〜千本ツツジ~七ッ石山(ご昼食)~奥多摩小屋~小雲取山~雲取山〜芋ノ木ドッケ~長沢山~水松山~酉谷山(ご昼食)~七跳山分岐〜小川谷林道下山口というルート。奥多摩小屋(老朽化のため、2019年に閉鎖)でご宿泊なさいました。

陛下がお登りになった山は東京都近郊が多いのですが、地方でのご公務の合間に登山を楽しまれることもあります。

2002年夏にはご家族で栃木に photo by gettyimages

2010年10月13日(水)、滋賀県で最も高い伊吹山へ登山なさっています。伊吹山は有料道路・伊吹山ドライブウェイを利用すると、9合目にある食事・お土産スポット「スカイテラス伊吹山」の駐車場まで登ることができます。ここから山頂までは徒歩20分程度ですが、陛下は伊吹山登山口からのコースを選ばれました。登山口の標高は220mなので、山頂までの標高差は1,157m。片道3時間くらいかかると言われています。

このように、さまざまな山に登ってきた天皇陛下とご一緒だから、雅子さまも安心して自然体で登山を楽しむことができるのでしょう。これから登山の計画を立てる方は、天皇皇后両陛下がお登りになった山を候補に加えてみてはいかがでしょうか。

2005年、奥志賀高原スキー場での家族両行 photo by gettyimages