日本を代表する憧れリゾートの一つである星野リゾートは、なぜこれほどまでに多くの人を惹きつけるのでしょうか? ホテルジャーナリスト・せきねきょうこさんならではの視点でその魅力に迫ります。今回は、日本文化を纏う都心の温泉旅館「星のや東京」をご紹介します。

都心で楽しむ天然温泉の醍醐味と
進化した日本旅館の贅に憩う

“塔の日本旅館”と謳われるとおり、空に向かって建つ高層ビル「星のや東京」のエントランス。外観は江戸小紋の麻の葉崩しをモチーフにした抜き型で覆われ、まるでビル全体が風呂敷で包まれたような印象。

「星のや東京」の建つ大手町界隈は、ビジネスビルや新聞社、ホテルなどが立ち並ぶ都心の一等地で、ファイナンシャルシティやインテリジェントビル街と呼ばれ、大都市東京を支える経済や商業の中枢です。

東京駅から徒歩圏内、日本経済を牽引するこのハイエンドなビル街の一角に建つ建物は、江戸小紋の柄をモチーフにした抜き型で覆われ、まるごとラッピングをされているかのよう。ここが日本旅館であるとは、まさに“知る人ぞ知る”佇まいを見せているのです。

1階エントランスには遠慮がちにロゴ入りの旅館名が掲げられている。

こんな大都会の中心に本格的な日本旅館が誕生するとあって、2016年7月20日の開業間近には、メディアも星野フリークの人々を含めたホテルファンも、周囲が騒がしくなったのを覚えています。しかも、旅館内には天然温泉の大浴場と露天風呂が造られると知り、それはそれは待ち遠しく、衝撃的なデビューとなりました。

立ち木が点在する1階エントランス前には、石でできた小舟のようなベンチや、季節の花が植えられたプランターが置かれ、その間に打ち水がされているのが日本の伝統ならでは。風が通り抜ける快適な公園のようなスペース。

「星のや東京」は日本旅館でありながらも、大都会のビルに囲まれた周辺の状況を鑑みて環境設計をしたといいます。オンサイト計画設計事務所の代表・長谷川浩己氏が三菱地所設計と協同で、旅館の入り口周辺を“都市の中のオアシス”のようにするべく、植樹を施し、小舟のような石のベンチを置き、ホッと一息できる空間作りをしたのです。

今ではすっかり周囲に馴染み、近隣で働く人のランチタイムや待ち合わせの場所に使われるなど、寛ぎの場として存在しています。